がん保険とは

ある日、自分が「がん」と診断されたら…その時、あなたはどんな気持ちで病気と向き合っているでしょうか。

がん保険に入っていない場合、治療費など金銭面の不安から治療に集中できず、入院日数が1日延びるだけで気が重くなり、回復までさらに時間がかかってしまう…というような負のスパイラルにはまっていくかもしれません。

がんにならない健康的な生活を送ることが1番ですが、もしもの時のためにがん保険に加入しておくと、少なくとも費用面の部分では安心出来ます。
がん保険に入っている場合、がんと診断されたときに診断給付金が給付されるほか、入院や手術に対しても給付金を受け取ることができます。

「わたしは医療保険に入っているから大丈夫」と思っている人も多いでしょう。
実は、医療保険には1度の病気治療に対しての入院日数に制限がありますが、がん保険には入院日数に制限がありません。万が一、死亡した場合にも保険金を受け取ることができます。

また、オプションとして他の病気や怪我をした場合の保障をつけることができるものもあり、あらゆる状況に対応できる心強い存在です。
もしもの時にも安心して病気と向き合えるよう、自分に合ったがん保険を見つけておきましょう。キレイモキャンペーン