女性特有のがん保険について

最近では、女性特有のがん保険も定着しています。主に子宮・卵巣・膣・乳房等、女性にしかない部位にできたがんに特化したものです。

保険会社によって特徴は異なりますが、主な内容はがんと診断された時には一時金として、まとまった金額が受け取れるほか、手術・治療・入院費などについてもカバーしてくれます。更に、所定の先進医療をうける時には高額医療費を実費分負担してくれる特約もあります。
これらは、一般的ながん保険でもカバーできる部分もありますが、女性特有のがん保険や特約をプラスすることでより手厚い保障が受けられ、患者の金銭面での心配を軽減でき、安心して治療に専念することができます。

女性特有のがん保険は、がん罹患率の高まりや若年化傾向を背景に若い人でも加入しやすい貯蓄性を兼ね備えたタイプが多く販売されています。
例えば、がんにならなかった場合は3年ごとにボーナスとして生存給付金がもらえる等、付加価値を付けることで安心と楽しみを備えることができます。

がん治療の多様化や医療技術の進歩などにより、治療後のケアや乳房再建の為の給付金が出る特約など、患者のニーズに合った新しい商品が日々開発されています。
すでに加入されている方も、自分のライフプランに合わせて、保障内容を見直すことが重要です。